2021/06/19 17:24

「利己的な遺伝子」は、リチャード・ドーキンス氏の書籍(1976年)タイトルです。

生命の進化や生きるという行為そのものを遺伝子視点で冷静に見つめ、

生物は遺伝子の方舟でしか無いと言う逃げ場のない事実を突きつけています。


デジタルデータである遺伝子

遺伝子に導かれた生命の痕跡

The Selfish Gene #1 https://michie.thebase.in/items/46690350


The Selfish Gene #2 https://michie.thebase.in/items/46690831


The Selfish Gene #3 https://michie.thebase.in/items/46691026



遺伝子が創造した世界の痕跡をキャンバスに転写しています。


生命とは、意識とは何なのか。


何故ホモ・サピエンスだけが虚構の世界を作り上げる事が出来たのか。


ホモ・サピエンスが奏でる利己的な遺伝子の音もデジタルデータのコピーです。




by Kazuo Hoshina